アポロと騎乗位 – Francois Boucher

アポロと騎乗位   Francois Boucher

フランスの画家フランソワ・ブーシェ「アポロとカウガール」による絵画。絵の大きさは129 x 158 cm、キャンバスに油彩。アポロの初期の意義は、特にイオニアとアケア諸国の多くのカルトによって発見されています。それは、彼が自然の生命に密接に関連するある種の活動の保護者として描写しています。例えば、初期のギリシャ神話では、アポロは羊飼いの神、牧草地の神、羊などと呼ばれます。 e。その状態が主に太陽の暖かい光線と季節の正しい変化に左右される群れの保護者。

少しずつ、もともと自然の力と現象の擬人化だけであったすべての神々は、より抽象的に理解されるようになりました、彼らは道徳的観点から見られました。純粋な日光の神、アポロは、霊的および道徳的、すべての教育の主な源、そして社会的および政治的関係の進歩の分野において、明確で純粋なものすべての代表と守護者となりました。このように、アポロは、弓のほかに嘘つきである彼が与えられた理由、なぜザーメンで遊ぶことの嵐の情熱を歌い、和らげることのすべての神の第一になり始めました。

それゆえに、神話の後期に、アポロは彼の芸術で神々を喜ばせ、ミューズの聖歌隊の頭に立ち、彼の愛する人々に歌と詩の贈り物を与えます。芸術にとって、アポロは男性的で若々しい美しさの理想です。彼はひげなしで描かれています、彼の長い髪は時々彼の肩に落ち、それから彼自身を持ち上げて結び目で縛られます。細く、顔に純粋で神聖な威厳の表現で、アポロは通常、特に彼と一緒に矢と震えているとき、彼の肩の上に投げられた片手だけに描かれています。時々、彼がツィターを演奏して、ミューズの合唱団を導くとき、アポロは彼の足に落ちる服を着ています。

アポロの頭はしばしば彼に捧げられた月桂樹の木の枝の花輪で飾られています。彼の隣には、三脚はしばしば予言の象徴として描かれています。例えば、そのようなものとして、Delphic寺院の聖なる聖所の中に立って、Pythiaのための席として役立っていました。動物のうち、首、特に白鳥、オオカミ、マウスおよびトカゲを除いて、アポロが献身的でした。



アポロと騎乗位 – Francois Boucher