アドニスの死 – Peter Rubens

アドニスの死   Peter Rubens

アドニス – 翻訳された「主」、「主」。キプロス王キニラと彼の娘ミーラに生まれる。

女神金星は、彼女を尊敬していないために王女の娘ミラーと怒っていました。それから金星は彼女の父親への情熱的な愛でミラを鼓舞しました。父親はミラーが彼の娘であることを疑わず、彼女に連絡した。怒っている神々は不幸にもどかしい木に変わって、ひびの入った幹から驚くべき美しさの子供、アドニスが生まれました。

金星は赤ちゃんを死者の王国のペルセポネに渡します。その後、ペルセポネはその少年にあきらめたくなかった。

彼らの論争はゼウスによって解決された。彼はPersephoneでAdonisのために年の一部を過ごすつもりで、そして金星と一緒に地球上の年の別の一部を過ごすことを意図しました。

成熟すると、アドニスは金星の最愛になります。それから若い男について彼女自身の見解を持っていたアルテミスは金星を選ぶことについて彼と怒っていました。

アルテミスは、アドニスを致命傷を負った少年にイノシシを送りました。



アドニスの死 – Peter Rubens