やなぎすま(柳島) – 歌川広重

やなぎすま(柳島)   歌川広重

広重は東の首都の主要な動脈であるスミダガヴァ川とつながっている、一つの河川と江戸の運河で大きな役割を果たしている二つの運河の交差点を示しています。北から北へ、下から上へと北へ向かって流れる。西に直角に流れるEkodzik-Kengawa。南西にはYanagisimの島があり、Yanagashi Bridgeがそれに続いていました。それは右側の彫刻に見えています。やなぎみは、にぎやかなエンターテイメントセンターの1つでした。機関Hashimotoyaは最大の名声を享受し、彼の芸術家は作曲の中心に干渉するであろう。

彼の左側にはHosedzi – Nichire SchoolのMekando修道院の寺院がありました。寺院の主な神は菩薩ホスニン・メケン大宝竜と呼ばれていました – グレートベア星座の具体化であり、火から保護して幸福と長寿を与える神として崇められています。

この神の崇拝者の中には、有名な芸術家かつしか北斎がいました。「Hokusai」という仮名は、北に位置するUrsa Majorという星座に関連付けられている「northern artist」を意味します。このシートを新しいバージョンで印刷するときには、色は変更されていません。塗料はより彩度が高くなり、明るくなりました。夕方の空が暗くなると、夕暮れの夜の文字が彫り込まれます。正方形のcartoucheを再設計しました。



やなぎすま(柳島) – 歌川広重