ぶどう狩り – Karl Brullov

ぶどう狩り   Karl Brullov

美術アカデミーで勉強した後、Karl Bryullovは、彼のスキルを向上させるために、イタリアに行きました。「ナポリ近郊でブドウを集める少女」という絵が描かれていました。

キャンバスはヴィンテージシーンを描いています。一人の少女が一束のぶどうを切り裂き、それらを腕にぶら下がっている枝編み細工品バスケットに入れます。ブドウの房が高くぶら下がって、女の子は彼らのために手を伸ばさなければならず、つま先で固執します。芸術家は絵の中で時間を止めた、そしてそれは少女がダンスの中で凍ったように思われる。光を透過する服は、南の太陽の優しさとイタリアの夏の暖かさを伝えるようにデザインされています。

もう一人の若い女の子はぶどうの葉の濃い影の石段の上で休んでいます。少女が一生懸命働いていたことは全く気付かれず、彼女は踊りに疲れていて熱を帯びていて息を吸うために1分間横になっていたようです。少女の頬は赤く光っていて、ライトブラウスは少し落ち着いていて、彼女の白い胸を露出させています。

芸術家は絵の意味の中心を赤でマークしました:赤面、衣服、女の子の手の中のタンバリン、ネックレス。キャンバスの縁には緑色が優先されます。草、茂み、木々、つるのような額縁の絵、画像をより親密にする。



ぶどう狩り – Karl Brullov