ひまわり – Igor Grabar

ひまわり   Igor Grabar

夏の日、適度に鈍い自然、空は白い雲で覆われており、そこを通ってピークは青く見えます。左側の細い白樺の木がくっついていて、写真の中央ではひまわりが熟した太陽の頭の重さの下でお辞儀をしています。夏は夕日に近づいています。収穫する時期です。

風景には明るい色、照明効果はありませんが、金色のヒマワリ、白 – 青空、濃い青 – 緑の葉の組み合わせのおかげで、絵画はその装飾的な効果で引き付けられます。



ひまわり – Igor Grabar