はりつけ – パブロ・ピカソ

はりつけ   パブロ・ピカソ

1930年に、ピカソは彼の作品のための福音のテーマの予想外の絵を書いた – シュルレアリスムの最初の標本からの道の目印のステップと考えられている「十字架」 – 有名な「ゲルニカ」へのキャンバス。プロットの仕事:ものすごく変形した数字で、すべての参加者がすべての回の芸術家と福音の歴史の人々によって繰り返し複製されるのを認識できます。

構成のユニークな瞬間の1つは、数字のために異なるスケールを使用することです。ピカソの出来事に対する性格の重要性は大きさにおいて強調されています。十字架につけられた十字架から投げられた強盗や兵士たちの死体は、やや小さめです。

最小の置物は、キリストの手をクロスバーに釘付けにした人であり、ライダーは彼の槍を釘を打った体に突き刺した。十字架の劇的に壊れた性格は、ゲルニカの影響を受けた英雄を予想しています。無神論者ピカソの宗教的なテーマへの魅力は、世界で何が起こっているのかについての彼の考えを反映していますが、プロットのシュールな解釈は冒とく的であると解釈することができます。



はりつけ – パブロ・ピカソ