のインスピレーション – ギュスターヴ・モロー

のインスピレーション   ギュスターヴ・モロー

伝統的に、水彩画は「低ジャンル」と考えられていました、しかし19世紀の中頃頃からそれはより真剣にとられました。

彼の初期の頃、モローは油彩で描かれるであろう大きな絵のために予備のスケッチのためだけに水彩画を使いました。しかし、1860年代に彼は真剣に水彩画に興味を持つようになりました。なぜならこの技術は芸術家が透明で鮮やかな色を作り出すことを可能にし、次第にモローは独立した作品として水彩画を描き始めたからです。それは水彩モローと一緒にありました、1861年の「Oedipusとスフィンクス」を含む彼の有名な神話の、聖書の、そして歴史的な場面の数々。

例えば、「フェートン」のような芸術家のいくつかの水彩画は、高さが1メートル、幅が半メートル以上に達しました。他の水彩画は、例えば「インスピレーション」のようにフォーマットが小さかった。Moro-aquarellistのスキルは、La Fontaineの寓話への一連のイラストで最もはっきりと表れていました。その中には「王様に会いたいと思ったカエル」がありました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

のインスピレーション – ギュスターヴ・モロー