どこでも人生 – Nikolay Yaroshenko

どこでも人生   Nikolay Yaroshenko

社会的矛盾のテーマは、N. A。Yaroshenkoの作品の主要なテーマの1つでした。芸術家のジャンル作品の中で、最も有名なものは「Throughout Life」という絵画でした。その作品は、レオ・トルストイの「人を生かすものは何か」という物語の印象の下に書かれました。

キャンバスはハトを見ている刑務所車の囚人を描いています。そのような単純で単純なプロットを選んだ作者は、実生活の不公平さを強調しています。彼らは車の向こう側で自由を保っていた多くの人たちよりはるかに人道的です。

中心的な性格のグループが聖家族に似ていることは偶然ではありません。その中で、福音のキャラクターを推測することができます。Yaroshenkoは、汚れた、ぼろぼろの緑色の車の中で研がれた、シンプルだが圧迫されている人々の苦い人生の瞬間を止めたように見えた。人生はいたるところに、それはいたるところに、それは夏の日の光がそこを通って流れる車の別の窓に忍び寄るが、それはバーの後ろに落ちたこれらの貧しい普通の人々を奪われている。「彼女は彼女の心にどれだけ語っています」とLeo Tolstoyは映画について言いました。



どこでも人生 – Nikolay Yaroshenko