たこなの屋代神社のママと杉橋歌川広重橋の緋色のもみじ

たこなの屋代神社のママと杉橋歌川広重橋の緋色のもみじ

赤い葉が前面に表示された大きなカエデの木の幹の間に、ママ地区の景色があります。この巨大なもみじは、江戸の住民に知られていて、ぐうじ僧院の領土にありました。秋には、カエデの紅葉を鑑賞するために市民が訪れました。彼の修道院の建物からは、たこなの屋代またはたこなめじんのしゃくとう神社の景色が見えました。彼に関連付けられているのは、特別な美しさを持っていたママの地域の村の女の子についての伝説です。

さまざまな州の花婿が彼女の手を捜したが、不和を引き起こすことによって、タコナは自殺した。17世紀には、テコナの墓の周りに神社の名前が付けられた神社が設立されました。Uugihasi橋はほとんどシートの中央に描かれています;それは伝統的に赤で塗られています。神社と小さな林の後ろには、つくば山の尾根があり、その隣には日光山脈があります。その後のバージョンで、カエデの紅葉を染色するために使用される顔料は、ほとんど色を失うことはありませんでした。初期のバージョンでは、葉は色素の分解によって暗くなりました。後期の葉は鮮やかな色で、つくばの山の周りは夕焼けの赤い輝きです。



たこなの屋代神社のママと杉橋歌川広重橋の緋色のもみじ