すみだがわのほとりの水神の森神社とマサキ領

すみだがわのほとりの水神の森神社とマサキ領

向こうの島、森の中の隅田川の左岸に、墨田川専用の水神の森の神社がありました。ここでの主な神はドラゴンでした – 水の要素の達人、それは川の保護者でもありました。Suijin – 水と火の要素から身を守る神、そこには船員だけでなく単純な農民も信じていました。

1596年から1615年の間、バクフ軍政府は洪水から守るためにスミダガヴァ川に大きなダムを建設しました。八重座の彫刻の前景に、それは通常のさくらよりも遅く、春の真ん中に咲いた。Sumidagava川の対岸には、その聖域で有名なMassaki地区があります。彫刻の中心にある山はプクバヤマですが、実際にはこの場所からはこの山を見ることはできませんでした。左側に私たちは人々が川を渡るためにフェリーに向かっているのを見ます。その右側には、水銀の森神社へと続く2つの青銅色の灯籠がある鳥居があります。

川にはいかだと東から南へ移動する2隻の船が見えます。彫刻の後期版画における色の変化は主に牛と空の色合いに影響を与えた。彼らはやや軽くなります。桜の花は背景が明るく見え、構図に装飾性をもたらします。ボカシの色が赤から青に変わりました。



すみだがわのほとりの水神の森神社とマサキ領