すさきの砂州 – 歌川広重

すさきの砂州   歌川広重

以前、品川は小さな港町でした。しかし江戸時代、品川は東海道の最初の駅となりました。広重の時には、東海道を出発して、別れの宴会をするのが習慣であったシナガワ駅まで一緒に旅行していた人々を護衛するのが習慣でした。ホテル、レストラン、娯楽の場所がたくさんありました。シナナワで貿易が盛んになり、商店がたくさんありました、おそらくそれは地域の名前に影響を及ぼしました、なぜなら「シナガワ」という言葉は「モノの川」を意味するからです。

彫刻は江戸湾を見下ろす。右側はShansakiの浅瀬の端です。漁師はここに住んでいました、彼らは彼らがBakufuの政府の裁判所に魚を配達するという条件で釣りをすることを許されました。浅瀬の北端には幸福の7つの神のうちの1つである水の女神、ベンザイテンに捧げられたスサキ神社の聖域がありました。水路を通って彼に水路川は橋の右端に見える鳥取橋を移された。

彫刻の左側には有名な娯楽施設「道場相模」が描かれています。最初のバージョンのように、濃い青の帯はスサキの浅瀬の周りを通り、片側だけではありません。江戸湾の青い雄牛を背景に、白い帆船がより明るく目立ちます。正方形のカルトゥーシュ近くの薄ピンクの空には、青い縞模様の雲が見えます。



すさきの砂州 – 歌川広重