しだれ女 – パブロ・ピカソ

しだれ女   パブロ・ピカソ

1937年、ピカソは有名な “ゲルニカ”の制作をしている間、すすり泣く女性の頭を描いたいくつかの絵画を描きました。「ゲルニカ」という人物の一人は、赤ちゃんを両腕に抱きしめながら泣いている女性です。数ヶ月間、ピカソは、彼の特徴的な情熱を持って、このトピックを開発し、さまざまなテクニックで作られた合計17の作品を作成しました。含む – 4つの油絵。

それらの最後は芸術家の生活の中で最も実り豊かな時代の一つの集大成でした。女性の顔は非常に歪んでいたという事実にもかかわらず、芸術家は自然からそれを描いた。そのモデルは当時ピカソの愛人だったドラ・マールでした。間接的に、ドラは「Gernica」自体の作品にも参加しました。ピカソを素晴らしいキャンバスに仕上げたのは彼女の写真でした。



しだれ女 – パブロ・ピカソ