この男はTitian Vecellioです

この男はTitian Vecellioです

この絵は、大運河に宮殿、パラッツォダンナを持っていたヴェネツィアの裕福な商人、ジョバンニダンナのために行われました。

どのようにして拷問を受けて出血したキリストの姿が法廷で、ローマの検察官であるPontius Pilateから取り出され、実行されるべきユダヤ人の前に置かれたかについての福音物語を提示することにおいて。写真は片側に大きな公共の建物の入り口に通じる階段が飛んでいる建物を示しています。そして、それは多くの点で寺院の聖母マリアの代表の写真に似ています。Ecce Homo – “se man”、手紙。「これが男だ」「これは男だ」

Pontius Pilateイエス・キリストについての言葉。ヨハネの福音書によると、ユダヤ・ポンティウス・ピラトの捜査官は、イエス・キリストの洗礼の後にエルサレムの人々を見せ、ローブに身を包み、とげの冠で戴冠し、群衆の思いやりを喚起したかった。「それからイエスはとげの冠と紫色の衣服の中に出て来た。ピラトは彼らに言った、「見なさい、人!」大祭司と大臣が彼を見たとき、彼らは叫んだ:「彼を十字架につけなさい!」ピラトは彼らに言う:はりつけ 私には彼のせいではありません。 “”この出来事は聖金曜日の朝遅くに、アンソニー城の塔の近くのエルサレム・プラエトリで行われました。

構図は大きくダイナミックなリズムに基づいており、ポーズやジェスチャーの言語は影響を受け複雑です。特に注目に値するのは、写真の左隅にある若い男性の画像です。恐怖と恐怖を持つ人は起こった悲劇を知っています。キリストを支配する喜びと不注意な個人を背景にして、これは劇的な強調で見えます。



この男はTitian Vecellioです