こじまち山王の祭典 – 歌川広重

こじまち山王の祭典   歌川広重

その名前は、以前は麦芽、酵母、そしておそらくここで以前に開催された高価な麹を販売する店があったという事実に関連しています。Sanno-Maiuri祭は、Sannodightiの丘の上にあるSanno GongenshiaのHie-Jinja Sanctuaryのお祝いでした。日枝神社は徳川家の祖先神社となりました。江戸の亀田神院とともに、最も重要な寺院の一つでした。大祭がこれら二つの寺院で催された、それは多大な支出を必要とした。したがって、祭りは2年ごとに順番に開催されました。

祭りの日、6月15日の朝早く、山下の門に45人の休日戦車が集まりました。それから、彼らは山王神社の神殿の方へ進み、そこには三つの神聖な駕籠が合流し、行列全体が半蔵門を通って江戸城に移動しました。彫刻は、儀式用の服を着た猿との最初の戦車隊が半蔵門の門を通過しようとしていることを示しています。彼女の後ろで、前景で、ワゴンはドラムの上に立っているオンドリの形でトッピングで動きます。シートの2つのバージョンにおける色の関係はほとんど変わっていない。遅い彫刻のより濃くそしてより飽和した全体的なカラーリングはホリデーキャリッジの異なるカラーリングによって補完されます。それは水の暗い調子と調和して、青紫色になります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

こじまち山王の祭典 – 歌川広重