お父さんとの巡礼者の出会いKyriak – Vittore Carpaccio

お父さんとの巡礼者の出会いKyriak   Vittore Carpaccio

この絵は聖ウルスラの生涯を語る9つの作品のサイクルの一部です。ウルスラ

このサイクルは、異教の王子がクリスチャンであった王の娘との出会いから始まり、ケルンでの聖なるフンの殺害で終わります。周期の特別な場所は彼の網膜とUrsulaの旅行のテーマによって占められています。写真では、お父さんが新郎新婦に挨拶をします。ウルスラの網膜は左側にあり、中央と右側には教皇の隣にあり、教会の先祖の姿が描かれています。



お父さんとの巡礼者の出会いKyriak – Vittore Carpaccio