おまやがし堤防 – 歌川広重

おまやがし堤防   歌川広重

アズマバシとレゴクバシの橋の間にあるスミダガバ川の右岸には、政府の米店がありました。これらの場所の北側、ミエシタ、大林川の岸には、馬小屋があり、そこで馬鹿馬の世話をしていました。したがって、これとHondze地区の反対側の銀行との間の交差点はOmmaya no vatasiと呼ばれていました。彼女は浅草寺の近くの活気ある地区への入り口でした。おまやがし堤防からのスミダガバ川の夜景が刻まれています。

前景では、最低ランクの2人の売春婦を上陸させる船がEtakです。彼らを船に乗せて彼らの警備員 – グー。女性は綿の着物、頭にタオルをかけ、顔は厚い化粧層で覆われ、マスクのように見えます。彼らは社会の最下部にいて、ホンツェ地区の反対側の銀行の小屋に住んでいました。夜、彼らは薪小屋や一時的な売店に釣りに行きました。

薄暗い夜の風景は、寒さを突き抜けるスリルを強めます。彫刻の後期版の前景の木々と遠くの銀行のダークグレーとほぼ黒の輪郭は深夜の感覚を生み出します。初期バージョンと比較して、これは赤黒の着物の女の子が明るい場所として際立っている夜の風景です。



おまやがし堤防 – 歌川広重