いばらの冠で戴冠 – アントニオデペレダ

いばらの冠で戴冠   アントニオデペレダ

絵の由来は正確には分かっていません。どうやら、彼女は修道院から撤退し、いくつかの修道会命令の禁止の後閉鎖されました。

この作品では、バロックの伝統を見ることができます。いばらの冠のとげのある硬さは、リベラの影響を受けてはっきりと書かれており、配色はベネチアン絵画に触発されています。私達が彼の頭の非常に活気のある解釈とゴシックのサンプルに似ている非常に神経質な、手でキリストのイメージを注意深く調べるならば、我々はほとんど自信を持って言うことができます。

絵は悲劇的な緊張に満ちています。キリストは、首の周りにとげの冠をかぶせた状態で、おおよそひねった棒を持って立ちます。血まみれの顔の目は悲惨さに満ちていて、空に向かっています。無防備な裸の体とポールを握っている細い指の下の大まかな樹皮ははっきりと目に見えるコントラストを作成します。腕に傷を付けた緋色の傷は、救い主の差し迫った死の恐怖を強調しています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 いばらの冠で戴冠 – アントニオデペレダ