あたごと、藪子寺通り – 歌川広重

あたごと、藪子寺通り   歌川広重

愛宕山の下の港区のエリアは、大名屋敷や高貴な侍の家が置かれていた江戸の最も貴族的な地区の一つでした。愛宕山の頂上には、右側の彫刻の中に、愛宕神社神社の聖域がありましたが、彼は見えませんが、背景の右側の赤い門が聖域への道の始まりを示しています。

シートの右下隅にチャンネル桜川が見えます。右端、竹製の生垣、大名の加藤大江戸の神です。さらに、水路の上流には、桜川の水路を通って投げ出されたこの大邸宅の防犯ブースがあります。

彫刻の中央の道は虎ノ門の門に通じています。その景色は、弥生寺通りから見えます。左手には、伊勢県知事であるヒジカトの大邸宅の高台が、左手に伸びています。このシートはシリーズの中で最高の冬の江戸の種の一つとして認識されています。初期と後期の印刷オプションは、チャンネルの真ん中を通る青い帯の高価で濃い色によって中央でわずかに強調されている正方形のcartoucheの色を除いて、ほとんど同じです。



あたごと、藪子寺通り – 歌川広重